エイボン レディ地域貢献賞 めざましい活躍で社会に貢献する女性を応援します

2007年 受賞者一覧

エイボン女性大賞

大石 芳野さん

大石 芳野さん

写真家・東京工芸大学院教授

戦時下の国々を戦後も継続的に訪れ、最も無力な子どもや女性、家族の姿を「写真」という言語を超えた手段で記録。夢や未来を奪い環境を破壊する戦争を告発し、力強く生き抜く人々の“今”を伝え続けている。

[指名寄付団体:FUJI教育基金]

エイボン功績賞

坪井 節子さん

坪井 節子さん

カリヨン子どもセンター理事長・弁護士

虐待や養育放棄などの人権侵害に遭った10代の子どものためのシェルターを国内で初めて開設。子どもたちの回復と旅立ちを、子どもと大人が対等なパートナーシップの下で一緒に考え、支援する活動を続けている。

[指名寄付団体:特定非営利法人 カリヨン子どもセンター]

エイボン教育賞

柳原 和子さん

柳原 和子さん

作家

がんを得て医療による死の宣告を受けながら、生への希望、死への畏れ、痛み、治療を担う医師との間で揺れる自らを作品化。かつ、手探りで長期生存を得た多くの患者の経験を採録し、生死を超えた人々の生のありようを追究し、提案している。

[指名寄付団体:シャプラニール-市民による海外協力の会]

エイボン芸術賞

伊原 昭さん

伊原 昭さん

梅光学院大学名誉教授・文学博士

半世紀を掛け、日本の古典文学に描かれた色に関わる表現を採録・分類・網羅し、『日本文学色彩用語集成』を完成。色彩表現の中に脈々と受け継がれてきた文学に見る、日本独自の社会性や文化を知る基礎資料を作り上げた。

[指名寄付団体:東京女子大学文理学部日本文学科]

エイボンスポーツ賞

田口 素子さん

田口 素子さん

日本女子体育大学講師・日本スポーツ栄養研究会会長・管理栄養士

トップアスリート達が日々の食事を通してコンディションや体力を高め、勝利を手にするための栄養管理を、「スポーツ栄養学」として確立。一般市民への啓発や、後進のスポーツ栄養士育成にも努めている。

[指名寄付団体:特定非営利活動法人 日本スポーツ栄養研究会]